言葉変換『もんじろう』用アイコン 美味しいと評判の彩未の味噌ラーメン   

2009年 10月 14日

かの有名な“すみれ”で修行し、唯一暖簾分けしてもらった“麺屋 彩未”で店の
代名詞的な味噌ラーメンをお昼に食べてきました。
スープはトンコツをベースにして独自の配合の味噌を加えるそうです。
ちぢれ麺は細いというほどではなく、普通?といった感じですが、とてもコシがあります。
チャーシューは細かく賽の目に切ったものと、薄切りにしたものの2種類入っていました。
薄切りにされたチャーシューの上にはおろし生姜が乗っていて、途中でスープに混ぜると
味わいが変わる感じです。
もやしやネギもタップリでメンマは細く長く切ってありました。

photo by GON
b0136396_114729.gif

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。




麺も美味しいし、チャーシューも軟らかく美味しいです。
もちろんスープも美味しいとは思いますが、とにかくのどが渇きます。
コッテリし過ぎなのか?それとも調味料の入れ過ぎなのか?
しかも油ギトギトです。
とても飲み干す気にはなれません。
(周りにいる客は皆さん飲み干していました。)
いつも食事の時に水を飲みながら食べる事は殆どありません。
口の中の味を変えたい時や食べ終えた時に飲む感じです。
しかし、彩未のラーメンは食べながら水を3杯飲みました。
しかもスープは味見をする程度で殆ど飲んでません。
というより味が濃すぎて飲めませんでした。
それから、麺・チャーシュー・メンマそれぞれに美味しいのですが、一体感が無い。
これは彩未のラーメンだけではなく、どこのラーメンも一緒でそれぞれが独立
している事にかわりがありません。
例えば麺はコシも強くツルッとしていて美味しい麺ですが、それだけに舌の上で
独立した旨さとして感じられるのです。
ちぢれ麺にする事でスープが絡むと考えているのでしょうが、麺に旨みがうつる
わけではありません。
具もそれぞれに美味しいのですが、やはり口の中で別々の旨さなのです。

僕は普段余りラーメンを食べません。
多分年に2~3回程度です。(カップ麺等は除きます。お店で食べる事がです。)
理由は幾つかあります。

1, 麺とスープ、そして具が渾然一体となっていなくて、全てが独立した旨さなので、
  料理としては未完成だと思うから。
2, 調味料が沢山使ってあるので、どうしても舌の感覚が鈍くなってくる。
3, どうしてもラーメンはラーメンを超えていないと思うから。

もちろん未完成な料理だと思うので、この先にとんでもないラーメンが登場するんじゃ
ないかという期待はしています。
てか、本当に凄いものを食べてみたいです。
(色々と連れて行って頂ましたが、本当に申し訳ないと思うくらいとびきりに感じない。)

因みに最近の魚系のダシを使ったスープはもっといけません。
何故かというと、同じようにダシを使う和食の方が完成度が高く、料理では遥か上を
いっているので、ラーメンの中のジャンルとしては考えられるが、料理としてはダメ。
グルタミン酸やイノシン酸の旨みに助けられているだけで、料理として素晴らしいとは
いえないと僕は感じます。(あくまでも個人的感想です。)
[PR]

by goncafe | 2009-10-14 23:22 | 麺類

<< 花畑牧場のホエー亭新千歳空港店... つっこめし >>