言葉変換『もんじろう』用アイコン カテゴリ:手料理( 139 )   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 遅くなりましたが、お正月はこんな感じ。   

2012年 01月 05日

明けましておめでとうございます。
今年のお雑煮はこんな感じです。

photo by GON
b0136396_15442088.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2012-01-05 15:45 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン サーモンのクリームシチュー   

2011年 12月 27日

冬の寒い日には、クリームシチューが食べたくなります。
鶏肉だと当たり前なので、サーモンにしてみました。
それから、近くに畑をやっている人が直売しているので、そこでブロッコリーと
カブを買って一緒に煮込む事に。
それだけでは寂しいので、冷蔵庫をのぞくとエリンギとパプリカがあったので
一緒に入れました。
もちろんルーも自分で作りました。
生クリームは重いので、脂肪分が4.8と多い牛乳を使いました。
あと、サーモンは先にバターでムニエルにしてから煮込むと生臭さもなく、
美味しくなります。
カブはブイヨンで別に煮込んでからルーとあわせた方が味もしみて美味しい
ですね。

photo by GON
b0136396_161553.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-12-27 16:16 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン ターキーのロースト   

2011年 12月 15日

クリスマスが近いので、予行演習。
ローズマリーを利かせてじっくりとロースト。
ちょんと美味しそうに作れました。
ザワークラフトや洋からしといっしょに食べると旨旨です。

photo by GON
b0136396_16355589.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-12-15 16:36 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン アサリのパスタにマグロのボッタルガ   

2011年 11月 26日

ボラのカラスミだけがカラスミじゃないんです。
イタリアにはマグロのカラスミもあるんです。
そのマグロのカラスミをボンゴレ・ビアンコにかけるのがイタリア流。

作るのは簡単。
美味しいボンゴレ・ビアンコを作ってボッタルガをすってかければ出来上がり。
そうそう、塩加減だけは気を付けないと塩っぱくなるので注意。
だって、ボッタルガは結構塩っぱいです。

photo by GON
b0136396_22283523.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-11-26 22:28 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン ナポリ風のミートソース   

2011年 10月 16日

ラグーソースで有名なのは、ボロネーズだと思いますが、ナポリターノもすてた
ものじゃありません。
肉の塊ごとトマトソースで煮込む簡単な料理ですが、肉を柔らかく煮込む事と
トマトソースの味付けがなかなかどうして難しいのです。
僕はハーブをけっこう入れてソースにアクセントを付ける感じです。
肉は全面をフライパンで焼いて、炭酸水とワインを入れて圧力鍋で別茹でに
してから、ソースと合わせて更に煮込みます。

これだけ肉が大きいと本当に食べ応えがあって、少量でも満足満足。
仕上げにチーズをかけると更に旨旨です。

photo by GON
b0136396_13403895.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-10-16 14:04 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン パスタはグツグツ煽ります。   

2011年 09月 21日

僕のパスタはソースを絡めるだけじゃなく、フライパンの中で茹で汁使って
煽るのです。
それもかなりシャブシャブな感じの分量で。
実は茹で時間をかなり短めにして、仕上げをフライパンの中でするのです。
そうする事で、パスタの表面のグルテンが溶け出して、旨さがUPするのです。

今回はキャベツとアンチョビとニンジンにトマトを具にしました。
ニンニク、唐辛子、ブラックペッパーでちょっと辛めに仕上げ。
キャベツとアンチョビって合うんだよね。

photo by GON
b0136396_215056100.jpg

このくらいシャブシャブなんです。
でも仕上がりはこんな感じです。
b0136396_21513460.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-09-21 21:52 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン イワシを使ったトマトソースのパスタ   

2011年 09月 02日

オイルにニンニクを入れてイワシを炒め、白ワインとトマト缶を使って
少し煮込みました。
パスタがゆであがったら、バジルを加えてフライパンで煽ります。
パスタは簡単だけどやっぱ旨い!

photo by GON
b0136396_1491526.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-09-02 14:10 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン Al.che-cciano   

2011年 08月 06日

山形は鶴岡で「Al.che-cciano」に行ってきました。
ようやく噂に聞く奥田さんの味を味わう事ができました。
ネット上では色々マイナスな事も書かれていたりするので、本当はどうなのか少し
心配でしたが、本当は違う事がよくわかりました。

店に入ったときは奥田さんは撮影のため別の店舗にいるとの事。
なので食事はスタッフによって作られていました。
正直、ネットで書かれているように物足りない味にがっかりしていたのですが、
撮影が終わって奥田さんが戻ってきて、僕たちのテーブルに来てくれました。

実は奥田さんと共通の知り合いがいる事を伝えると、特別に今日撮影したメニュー
を作って出してくれました。
「フォアグラのソテーにパイナップルのソース、付け合わせは安納芋」というもの。
はっきり言ってそれまでの料理と違い、まさに絶品!
奥田さんに感想を聞かれたので、正直にいままでの料理とは全く次元が違う事を
いうとちょっと待って下さいといって厨房へ。
コースで食べていたアニエッロとトマトとバジルのパスタを、自ら作ってきてくれました。
アニエッロは付け合わせの素麺カボチャとパイナップルが程よくほぐれ、ザクザク
した食感と甘酸っぱさが羊肉によく合っていてマジ旨で、スタッフが作った物とは
全く別物。
もちろん、パスタはいうまでもなく僕がイタリアで食べていたような味と食感でした。
レシピが同じでも、焼き加減、塩加減、茹で加減、煽り加減、そして盛りつけ等で
料理が変わる事を改めて知る事ができ、とてもいい経験をさせて頂きました。

奥田さんは作るときにスタッフ達を集めて、違いや手順を伝える事ができたので、
指摘してもらって良かったといっていました。
僕はたまたま共通の知り合いがいたり、イタリアの話などもできたので、特別扱いを
していただけたので、本当の奥田さんの料理を味わう事ができましたが、何も知ら
ずに来られたお客さんがスタッフの作った料理を食べて、アルケッチャーノの評価を
しているのはとても残念な事だと思います。
スタッフは情熱を持って働き始めたのだから、もっと自信を持って楽しく料理を
作ればきっと奥田さんに近い料理を作れる筈。
本当に頑張ってほしいです。

今度は全品奥田さんの料理で食べたいと心から思いました。

photo by GON
b0136396_9221886.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-08-06 09:31 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン タケノコと豚肉の中華風   

2011年 05月 14日

タケノコが旨くてついついタケノコ料理を作ってます。
最初は和食で、炊き込みご飯とか、煮込み料理とか。

青椒肉絲は普通するので、オイスターソースを使ってみました。
中華という程中華っぽくはないけど、和食でもないのでオリジナルな感じ。

やっぱり豚肉とタケノコは相性抜群です。

photo by GON
b0136396_18253145.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-05-14 18:25 | 手料理

言葉変換『もんじろう』用アイコン ミルフィーユ・ロールキャベツ   

2011年 05月 06日

ミルフィーユの様にキャベツと具を重ねた後に、大きなキャベツの葉で巻いて
コンソメで煮込んだアッサリ味のロールキャベツをつくりました。
具には牛豚ミンチに玉葱・人参・セロリ・舞茸を細かくみじん切りにして、
練り込みました。

シンプルだけど、とっても旨旨です。
b0136396_22202342.jpg

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2011-05-06 22:20 | 手料理