言葉変換『もんじろう』用アイコン バウムクーヘン   

2008年 07月 20日

子供の頃からバウムクーヘン好きです。
小学生の頃、学校の近くに製菓会社の工場がありました。
その工場の一角には路面店もあって、カステラの耳やバウムクーヘンの端っこの切り落とし
などが、ビニールの袋詰めになって非常に安い値段で売っていました。
もちろんそれは子供達の格好のお菓子になっていて、よく買っては食べていました。
実はそれとは別に僕の出身地の銘菓で、「小倉日記」(おぐらにっきではなく、こくらにっきって
読みます)という小型のバウムクーヘンにクリームが入ったものがあり、それが今でも僕の
大好きなお菓子です。
小倉に帰った時には必ずといっていい程買って帰ります。
それ以外にも「ぽんつく」「なんばん往来」「小菊饅頭」「鶴乃子」「栗饅頭」「ぎおん太鼓」と
実は小倉には沢山の銘菓が存在します。(地元民じゃない人はわからないと思います)
でも、僕は「小倉日記」なんです。
バウムクーヘンとクリームの相性が格別なんです。
本場のポーランドやドイツでもバウムクーヘンを食べたことはありますが、生地を何層にも
重ね焼きされて厚くなったものの表面に砂糖で塗り固められたものより、邪道とも言える?
真ん中の空洞にクリームをたっぷり詰めた「小倉日記」が大好きです。

残念ながらコレは京都の和菓子屋さんのバウムクーヘンどす。
「小倉日記」じゃありません。(だって最近小倉には帰ってないし・・・)
photo by GON
b0136396_23494740.gif

人気ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
[PR]

by goncafe | 2008-07-20 00:14 | 洋菓子

<< ワイン 鯛刺し >>